【炎上アニメ】「さくら荘のペットな彼女」が「サムゲ荘」になった原因まとめ

calendar

reload

2019年の4月の月末から5月にかけてGWが10連休と史上類を見ない大型連休となりました。巷では帰省や旅行など連休を楽しんだらしいですが私は何もすることもお金もなく、家でだらだら三昧の毎日でした

そのGW中にネットやアニメを見ていたらこれまでに色々問題を起こしたり、悪い意味で有名になったアニメが数多くあったことを知りました

そこで今回、私が調べた炎上したアニメをご紹介します

今回は原作の謎改変で炎上してしまった「さくら荘のペットな彼女」についてご紹介します。原作改変はアニメオリジナルでもない限り、良くあることなのですがなぜここまで炎上したのでしょうか?その経緯や原因をまとめてみました!

さくら荘のペットな彼女とは

「さくら荘のペットな彼女」は電撃文庫より刊行されたライトノベル作品で全13巻が刊行され2012年10月にはアニメが放送されました

水明芸術大学付属高校に通う普通の高校生である主人公「神田空太」は一般寮で拾ってきた猫を飼っておりペット禁止の規則を破ったため一般寮を出て行くことになった。かわりとしてさくら荘に住むことになったが、実はそこは「問題児たちの巣窟」と言われる場所であった。

そこで同時期にさくら荘に入居してきた不思議な女の子「椎名ましろ」と出会いました。彼女は世界的に有名な画家であるが、日常を送ることができないという残念な人間であり、面倒見のいい空太は問題児ましろの世話役(飼い主)となり、さくら荘で日々暮らしていくことになります

そんな青春ラブコメでハートフルなアニメですがある原作改変で炎上を起こしました

炎上した問題のシーン

問題のシーンがアニメ放送の第6話さくら荘の住人で空太・ましろの同級生「青山七海」は親の反対を押し切り、実家を出て声優を目指す女の子である。その為、学業と同様に生活費を稼ぐ為の長時間のアルバイト、夢を叶える為の声優養成所での練習、さらに生活がおぼつかない椎名ましろの世話役まで行うようになり、過労のため高熱を出し倒れてしまう。七海の看病のため、同じくさくら荘の住民であり、空太たちの先輩である「三鷹仁」が料理を作る。

実はその料理が炎上の理由であったのです。その料理がラノベ原作ではシンプルなおかゆだったのに対し、アニメでは韓国料理のサムゲタンになるという謎の改変がありました。当たり前ではありますが台詞もおかゆの部分が参鶏湯になっており、完全に変更となっていました

しかし、改変の意味は不明ですがただ料理が変わっただけなのになぜ炎上と言われるまでになったのでしょうか?

なぜここまで炎上した?

ここまで騒ぎになった原因は「唐突かつ意味不明な原作改変」と「”韓国”料理」ということです

当時は日韓関係がデリケートな時期であり嫌韓思想の人もいたので、そのような人が大きく騒いでいました。嫌韓が語れば、反論(韓国擁護)する人がでてくる為、騒動はだんだんと大きくなっていきました

嫌韓とは別に原作からの読者がなぜ原作改変をしたのかを考察しており、色々疑惑が出されており話がさらに大きく周知になっていきました

このこともあり、性格の悪いネットの人たちからは「サムゲ荘」と呼ばれるようになりました

原作改変の理由とは

当時、原作改変の理由について色々な疑惑や噂が出ていました

  • サムゲタンのステマ説
    サムゲタンは当時多くの芸能人やテレビで猛プッシュされており、韓国農林水産食品部がサムゲタンの販路多様化を活発にしていくというニュースがあった為、テレビぐるみのステマなのではないかと言われています
  • おかゆを映像表現するのは難しかった説
    某社の某アニメスタッフがTwitterにて提唱した説であり、「おかゆを美味しそうに描くのは至難の業です。」とのこと。
    しかし、アニメ6話の作画スタッフは別の作品でおかゆを描写しているのでこの説の可能性は低いでしょう
  • 韓国放送用改変説
    韓国でもインターネット放送局で字幕、吹き替えで放送されていました。しかし韓国において「日本を連想するものを表現してはいけない」という”暗黙の了解”のようなものがあり、その規制のせいで「おかゆ」というものが表現NGになったのではないかという説があります
    (過去にも日本の平安貴族を連想される衣装が差し替えられていました)
    しかし、日本を連想する表現はここだけではなく、また、おかゆを病人に出すことは韓国でも珍しくないので改変の理由としては弱すぎるでしょう
  • スタッフが韓国が好きだから説
    突然の改変ではなく台詞や作画も変化し、アフレコでも声優が話していたことからサムゲタンへの改変はずっと前から決まっていただろうということで、監督や決定権のあるスタッフが遊び心の感覚で決めたんでしょうか
  • 炎上商法説
    嫌韓思想が広がる日本でこうした韓国ネタは、誰もが考えた結果やめるべきだと考えることだと思いますが、逆にこれを利用し作品の知名度をあげる為ではないかと言われていました。アニメ2クール中の6話と序盤の方なので致命度上昇をはかるには丁度いい頃合いでしょう
    しかし、炎上商法は、一アニメ会社としてもリスクが高いし失敗した際は原作者や連載会社にも被害がかかる為考えづらいでしょう

など色々と疑惑は考えられましたが、アニメスタッフからはこれについて言及はしていない為、真意は不明となっています

その後改めて炎上

この騒動もあり、「さくら荘のペットな彼女」6話以降多くの騒動が出てきました
ニコニコ生放送にて6話放送した際のアンケートで”良くなかった”という意見が50.3%と半数以上が悪い評価を出すという事態になりました

さらに、6話担当の脚本家がツイッターなどで挑発するような発言を繰り返ししており、それに反応した人たちにより炎上。また23話「卒業式」において国歌斉唱シーンや国歌斉唱という文字が削除されており、卒業式に掲げられるはずの日本国旗すら描かれたなかった為、また炎上が起こりました

サムゲタンはまだしも、ここまで反日のような描写が多いとアニメに政治の話を織り交ぜてる感じがして、あまり良い気分にはなりませんね

まとめ

今回は炎上したアニメとしてサムg…さくら荘のペットな彼女を紹介しました

最近ではyoutuberや芸能人の行動に対して炎上することがよくありますが、調べてみると、アニメ会社も同様に炎上したり、問題を起こしたことがあることがわかりますね

どの業界もしっかりした行動をしないと炎上してしまうということですね