ドッキリという名の声優いじめ!?アニメ「ココロコネクト」が炎上した原因まとめ

calendar

reload

日本の学校で問題視されている「いじめ問題」。いじめが原因でいじめられた側は、不登校、鬱やパニック、最悪、自殺につながるため長年問題視されています
いじめの原因としてよくあるのが、過剰なちょっかいや「いじり」がおおごとになり、相手を不快にさせるというものがあります

アニメ業界でも「ドッキリ企画」と称し、声優さんにあまりにもひどすぎる仕打ちをして「いじめ」ではないかと噂され、炎上したアニメがあります

それがタイトルにもあるアニメ「ココロコネクト」です

今回は「ココロコネクト」が炎上した原因の紹介します

ココロコネクトとは

今回はアニメの内容はほとんど関係ないのでざっくり説明します

ココロコネクトは2010年からファミ通文庫から刊行されているライトノベルです。全11巻が発売され、最終巻前までで120万部の売り上げを出した大人気作品です

あらすじ
文化研究部に所属する八重樫太一・永瀬伊織・稲葉姫子・桐山唯・青木義文に、
何の前触れもなく不思議な現象が起こる。”人格入れ替わり”、”欲望解放”――。
それらの現象は、自らを<ふうせんかずら>と名乗った”誰か”の仕業だった。
最初のうちは戸惑いつつも、どこかでそんな状況を楽しんでいた彼らだったが、
心の連鎖は彼らの秘めた心の傷をも浮かび上がらせ……。

平穏が崩れたその時、5人の関係は形を変える。

(引用:ニコニコ大百科~ココロコネクト~)

以前までに紹介した「さくら荘」、「くまみこ」とは違いアニメのストーリーは炎上に関係は無く、中の人物たちが色々やらかしたので詳しくまとめます

炎上の理由は

2012年7月からアニメが放送が決定され、アニメ放送に先駆けアニメの第1話のAパートのみの先行上映会が行われるイベントを開催し、そのイベントはニコニコ生放送やUstreamで放送されていました。そのイベント内で行われたアニメオリジナルキャラクターの”偽”オーディションのドッキリが炎上の原因となります

例のオーディションの内容

先行上映会イベントの開催以前に、声優の市来光弘さん(以下、市来)に対してアニメ「ココロコネクト」のアニメオリジナルキャラクターのオーディションと称し、声優のオーディションを行います。そしてこの先行上映会にシークレットゲストとして市来さんが登場し、オーディションの映像を流します。そしてイベントの舞台上でこのオーディションはキャラクターの役ではなく、宣伝活動のための「宣伝部長」の審査だったんでーすw宣伝部長任命でーす。というもの。会場内では笑いなどがあったものの市来さんの顔がひきつっていたりと市来さんの気持ちを考えると心が痛む内容になってしまいました

(引用:コ↑コ↓ロコネクトイベントドッキリ(ニコニコ動画より))

とはいえ、放送当初はドッキリに対して疑問の声は多少あったものの、概ね高評価でドッキリ自体を問題視されることはありませんでした

それでは、なぜ炎上にまで発展したかというとOP楽曲に関わっていたアーティスト菊池創さんのTwitterでの発言です

Twitter炎上から騒動になるまで

菊池創さん(以下、菊池)は以前から個人のツイッターでの発言が問題視されており、イベントのちょうど2ヶ月後の8月24日に菊池さんが炎上。菊池さんがアニメ「ココロコネクト」の楽曲に関わっていたことからアニメに飛び火という形でアニメが炎上しました

菊池さんを長く炎上させるためにココロコネクトのドッキリが利用され、問題視されるようになりました。菊池さんの炎上を扱っていたまとめサイトのコメント欄にドッキリについての箇条書きが多く投稿され、そこからまとめサイトでこの炎上について記事がたちました

これが発端として企画が注目され始め、ドッキリ企画や宣伝部長のロケはいじめ・パワハラではないかと声が上がりました。ドッキリの内容や、市来さんがされたいじめの数々を拡散し、騒動を大きくしようとしました。

しかし、その中にはデマ情報もありアニメのドッキリだけではなく、出演声優もとばっちりを受け騒動は大きく悪化していきました

拡散されたデマ情報(一部)

  • トチランダム(全国を渡り宣伝する宣伝活動のこと)はノーギャラ、旅費も市来さんの自腹→市来さんがブログで否定
  • 宣伝の目標として「ツイッターフォロワー3万人」で達成できないと罰ゲーム→フォロワー目標は2万人で罰ゲームもない
  • 出演声優の寺島拓篤さん、金元寿子さんが市来さんをバカにする発言をする→発言はデマで悪意ある編集、改ざん

騒動を受けての関係者のコメント

嘘も真実も飛び交う中、アニメスタッフや声優さんにも火の粉が飛び、関係者各位がブログ等で謝罪をするということとなりました

まとめ

アニメのイベントの一企画としてやったドッキリですが、悪ノリが過ぎてやり過ぎてしまった感じですね。その影響でアニメスタッフや出演声優、原作者の方にも多大な迷惑をかけることになりました。

現在は騒動も落ち着いてきておりますが、上記の誤情報などがネットで広がっており、勘違いした人が話に出したりするため、忘れ去られることはないでしょう

アニメやイベントでこういった過激なことはしないようにしたほうがいいでしょうね