日本のYouTubeが今後つまらなくなるのではないか?文字が流れるアフィカス動画について

calendar

reload

皆さんは、YouTubeでどのような動画が大好きですか?僕はYouTuber御用達の「やってみた系」はあまり見ないんですけど「レビュー系」のようなものを紹介するもの、「物申す系」や「雑談配信」などのニュースについて話したりするようなものが大好きです

そのためよくニュースを調べて、それについて話している動画を探すのですがその時に必ず検索候補に引っかかる「文字が流れる動画」というものがあります。最初はこういう動画もあるんだなぁという感じでしたが、最近はそれが検索結果を占有しており好きな動画を見ることが出来ないということが多々あります。内容もニュースサイトで見たことを転載したものなので、私にとっては見る価値の無いものです。ネットを見ると「文字が流れる動画」に対して「うざい動画」「アフィカス動画」と揶揄する声も多くあります

今回はこの文字が流れる動画が日本のYouTubeをおとしめる存在であるのではということを妄想したのでそれについて書いていきます

 

YouTubeの文字が流れる動画について

文字が流れる動画は主に、ネット内にあるニュースサイト雑誌等のゴシップ記事をコピーし、それを文字が下から上へ流れるような編集をします。そこにフリー素材のBGMや芸能人の写真を加え、一つの動画としています

一見、しっかりした動画じゃ無いのか?と思われますが動画の主となる文章は転載したものBGMや芸能人の写真もネット上で無料で使えたり、気軽にダウンロードできるもの。非常に簡単に作れます

 

というように文字が流れる動画というのは誰でも難しいことはなく非常にクオリティの低い動画なんですよね。そのせいもあってか現在のYouTube上ではこの動画が非常に増えています

なぜこんなに増えた?

無料で簡単に作れるから

上で述べたように簡単に誰でも作れるからです。必要なものは動画編集ソフト、テキストとなる記事、フリーのBGMと芸能人などの写真。なれた人だと10分もかからず一つの動画が作れます

そのため、初心者の人でも大量生産できるので1日の何十本もあげることができます

情報商材として広められた

皆さんはネットを見ていると「YouTubeで声出し、顔出しなしで月10万以上稼げる方法!」という広告を見たことないですか?それの正体がこれだと言われています。人気のYouTuberの収入の話を聞くと月に数百万稼ぐという話を聞き、うっかり情報商材を買ったのでしょう。その結果、こんなにも広まってしまい今では供給過多となって、現在では嫌われる存在となっています

 

アフィカス動画の目的

YouTubeに動画を上げている時点で察しがつきますが、広告収入を得るためです。YouTube自体が誰でも簡単に投稿でき、人気になれば一攫千金できるという夢のようなサイトです。短時間で大量に作れることから大量で遺産し、そのうち1つでも人気になれば一気に儲けられます。実際にもこのような動画で月に数十万稼いでる人もいるらしいですがそれも本当かどうかは定かではないです

これによって起きる問題

低品質の動画で埋め尽くされる

上記のようにただ記事を動画にしただけなので低品質です。その上、1日で何本も作れ、チャンネルによっては1日に数十本あげるのでこのままだと、このような動画で埋め尽くされる日がくるかもしれません

今は「芸能ゴシップ」や「時事ネタ」関係に多くありますがネット上のブログや記事には「レビュー系」などもありますし、「実験系」なども探せばあるでしょう。このような記事も動画にされたら、どのカテゴリーの動画を見ても文字動画ばっかりということにもなりかねません

本当にいい動画が目立たなくなる

YouTubeの良いところでもある誰でも動画を投稿できるということで今現在でも新しくチャンネルを作り動画を出し人が増えています。その中には本当に面白い人がいるかもしれません。ですがこのような動画で埋め尽くされると、その面白い動画が検索しても出てこないという事態になってしまいます。そうなると投稿者のモチベーションも下がり動画を作ること自体やめてしまうかもしれません。その結果、新しいYouTuberが誕生せず、YouTube自体の需要がなくなっていくかもしれません

見た人が偏った考え方になる

アフィカス動画の中には「政治的に偏った考え方」の記事を使った動画もあります。実はアフィカス動画は中高年の方がよく見ているらしく、「親がYouTubeを見るようになってから過激な政治批判の話をよくするようになった」という話を聞いたことがあります

YouTube側の対応

テキスト動画の収益申請を流している

YouTube運営側もこのような動画にあんまり良い印象を持っていないらしく、あらゆる手段で収益を認めないよにしているらしいです

大量に出てくるようになる前までは普通に収益を認めていましたが、現在のような状態になってからはYouTubeが収益化に対して一層厳しくなったような印象です。実際に今テキスト動画を作って収益申請可能な状態になったとしてもYouTube運営は申請の許可を出さないようになっているらしいです

 

チャンネル自体をBANにしている

アフィカス動画を大量に投稿しているチャンネルは、そのチャンネル自体をBAN(YouTubeの使用を禁止する永久追放のようなもの)にしたりもしています

2017年末に約15万本の動画を一斉に削除したり、2018年からは収益申請をするためにはチャンネル登録者1000人以上、再生時間4000時間以上という厳しいルールを追加したのもアフィカス動画が出てきたことに影響しているとのことです

簡単にお金を稼げることによるデメリット

人間はとにかく楽に金を儲けたいと思ってしまう生き物です。それに関しては別に良いですし、私も不労所得とか欲しいです。ですがそれが行き過ぎるとこの記事で取り上げたアフィカス動画だったり、人を騙して生きていく詐欺行為だったりが出てきてしまい結局、他の人に迷惑かけたり、厳しいルールが追加され生きにくい世界になってしまいます。このアフィカス動画はYouTubeの良いところである、誰もが参入できて、お金を得られるということを逆手に取った本当に性質の悪い問題だと思います。ほんま汚ない奴らやで!

YouTube大好きな私としては、このような悪人が得をし、必死に頑張っている人が損をするような現状を無くして、頑張っている人が賞賛されるサービスになって欲しいです

 

私もYouTubeしたいんで自分がチャンネル作って収益化できてからお願いします