新作スマブラSPのすべてがわかる!!「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」がスゴい50のポイントまとめ!!(1ページ目)

calendar

reload

新作スマブラSPのすべてがわかる!!「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」がスゴい50のポイントまとめ!!(1ページ目)

発売間近に迫る任天堂の超キラーコンテンツ「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」とっても楽しみですね!

数回に分けて任天堂ダイレクト等で発表されてきた今までの作品から変更があった点を中心に魅力的なポイントをまとめていきたいと思います

スマブラを予約し発売を今か今かと待っているそこの貴方も、スマブラを買おうか迷っているそこの貴方も、「スマブラなんて子供のゲームじゃんwww」と思っているそこのきみもみんなに見て欲しい

スマブラSPの魅力をとことんご紹介して行きます!!

画像大量の影響でモバイル版ですと表示がすごい遅いようなので今回は2ページ構成にしています!

今回は前作からの変更点や、対戦時の新仕様についてを中心にあげております!

01.グラフィックの向上

スマブラに限ったことではないですが、前作の対応機種「WiiU」から今作「Switch」に変わったことによりグラフィックに関してかなり向上しています!

具体的な解像度などはわかりませんがキャラクターの衣装背景などを見比べてみると細かい装飾やオブジェクトの一つ一つがキレイに描写されています

また、ファイターを見てみると毛のふわっふわ感、女性ファイターの肌のつやっつや感が美しく描写されています!

02.全  員  参  戦  !

知ってる方も多いと思いますが今作までのスマブラシリーズに参戦したキャラクターが全員参戦します!過去からの参戦ファイターだけでも60体以上(Miiファイターを3種と数える)も存在し、さらに今作から参戦するファイターも多数おり、発表済みのファイターだけでも総勢77体以上のファイターをプレイアブルとして選ぶことができます!

また、今まで登場したキャラの技は少し変化したファイターや、ビジュアルから大きく変化したファイターもおり、ゲームバランスの調整が十分にされています

格ゲーとしての対戦だけでなくキャラゲーとしてファイターの細かい表情や動きを見るだけでも楽しめるようになっています!

03.ダッシュファイター

「スマブラforWiiU/3DS」から登場しているファイター「ルキナ」、「ブラックピット」など動きや技の元となったファイターがいるキャラはダッシュファイターというくくりとなっています

ダッシュファイターは元のファイターと全く一緒というわけではなく、性能や運動能力などに違いがあるものや、技が多少違ったりしているものなど様々な個性が出ており、元のキャラと同じ扱い方・対策の仕方というわけにはいかなそうです!

04.Miiファイターのエディットの幅が拡大

「スマブラforWiiU/3DS」から登場しているエディットファイター「Miiファイター」が今回も登場し、前作では無口だったのですが今作ではボイスの設定ができるようになりました!前作同様、Miiファイター用衣装などもあるのでエディットの幅が大きく広がりました!

また、今回は「Miiファイター」のオンライン対戦にも対応を検討しているそうなので、面白いキャラを作って対戦で披露するのも面白いですね!(真面目に対戦した上でですが)

05.DLC制作決定!

現在、発表しているファイターだけでも多いですがさらに早期購入特典としてファイター「パックンフラワー」をDLC(ダウンロードコンテンツ)として出すことが決定しています!

さらにさらに、購入型のDLCとして5体のファイターを制作することが決定しています!購入型のDLCは「ファイター1体+ステージ1つ+ミュージック数曲」を1パックとしてそのパックを購入することで追加することができます。また5パックを1セットとした「ファイターパス」を購入することでも追加することができます!

5パックすべて購入予定の方はファイターパスを買うほうがお得になっているので注意しましょう!

DLCは11月頃から制作を開始したためダウンロードできるのは来年頃になるそうです

06.amiiboも全員参戦!

「スマブラforWiiU/3DS」からあるamiiboは今回も対応するためamiiboもファイターの数だけ販売します!「スマブラforWiiU/3DS」に登場していない「ウルフ」「アイスクライマー」などもスマブラSP発売日から随時販売するため自分の育てたいファイターのamiiboがないということはありません!

また、前作で使っていたamiiboはSwitchでも使用できるので改めて買いなおす必要はないのでご安心を!

07.空中回避

ここからは、対戦についてです!

今作からは空中での回避で移動回避をすることが可能になり、多方向に回避できます。回避方向も含め回避・追撃の選択肢が増えるため、今まで以上の読みあいが必要になり熱い戦いになるでしょう!

また空中回避は復帰の際にも使えるため横の復帰が弱いキャラは回避を活用し復帰しましょう

空中横回避は今までにない操作のため回避後の硬直に慣れなかったり、空中での回避は着地、崖つかまり、被攻撃するまで1回しか使えなくなったため、いつ回避を使うか、回避方向はどうするかが対戦では重要になってくるでしょう

08.回避の使いすぎによるデメリット

地上での回避は今まで同様何回でも使えるのですが、回避を多用すると回避後の硬直がだんだんと長くなるような仕様になりました!

今までだと、横回避を多用してもデメリットがなく非常に厄介でしたがこれにより安易に回避を使うことができなくなったので回避も慎重に使う必要が出てきました

今まで回避を使う頻度が高かった人は注意が必要です!

09.ふっとびの勢いが変わった

今作からふっとびの速度が初速が速く、その後一気に遅くなるような仕様になっています。これにより前作までと同じようなコンボが使えなくなると思われます。そのためか、ベクトル変更の影響を大きく受けるという噂があるので、この仕様は対戦に大きく影響を受けると思います

10.小ジャンプ攻撃が出しやすくなった

これまでは小ジャンプ攻撃はジャンプボタンを少し入力してから各方向攻撃ボタンで小ジャンプが可能でしたが今作からはジャンプボタンと同時に攻撃ボタンを押すことで発生できるようになりました!

これにより、難しいテクニックを必要とせず簡単に小ジャンプ攻撃が出せるようになりました!

11.1on1と多人数戦でのダメージ量変化

今作では1on1と多人数戦でダメージ量が変化します。詳しい数字で見ると1on1でのダメージ量は多人数戦でのダメージ量の1.2倍となっています

ダメージがたまりやすい大人数戦を考慮したのと、1on1での試合をスピーディーなものにするため対処だと思われます

12.ダメージカウントが少数第一位まで表示

前作までもシステム上少数第一位までダメージ量は計算されていたのですが表示は一の位からでした。上記の1on1と多人数対戦で1.2倍ダメージ量が変わるのでそれもあっての調整だと思われます

13.ジャストシールドの仕様変更

今までのジャストシールドはシールドを出す瞬間に攻撃がヒットがした時に発生していましたが、今作はジャストシールドはシールドを解除する瞬間に攻撃がヒットした時に発生するようになりました

これまでは、相手の攻撃を防御しようとしたらたまたまジャストシールドになったという棚ぼたなこともあったのですが今回はそういうことがないようにするための調整だそうです。また、多段ヒットする技に対して今までの仕様だとジャストシールドによるリターンはあまりなかったのですが、今作は多段ヒットの最後に攻撃がヒットする時にジャストシールドすればリターンが大きいため個人的にはいい変更だなと思いました!

14.強力ワザヒット時のスロー演出の追加

高パーセント時のスマッシュや強いメテオなどの強力な技がヒットし、バーストする場合その瞬間をカッコよく見せる演出が加えられました!最大の見せ場となるバーストの瞬間をカッコよくキメる最高の演出だと思われます!

ただ、時々この演出が出てもバーストされなかったりするためカッコよく決まったと思ったらまだだったみたいなこともあるとのことです

15.スピーディーさを重視した最後の切り札

Wiiで発売された「スマブラ X」から登場した「最後の切り札」について、今作は変身系の切り札は完全撤廃し、全ファイター短時間で終わる切り札になりました!

変身系の切り札は攻撃を当てないと真価が発揮されないため、相手がずっと逃げてしまうというあまり面白くない時間が出来てしまうのがほとんどでした。今回はそのようなことはなく切り札の魅力が充分に演出されるようになっています

16.チャージ切り札

対戦中にゲージが溜まり最大までたまるとスマッシュボールを取った時の切り札より弱めの切り札を使うことができます!対戦の設定で有効無効を選べるので大乱闘時に有効にすると迫力満点の大盛り上がりな対戦が楽しめます!

最後の切り札と違って複数のファイターがゲージ満タンの状態になりますが切り札の使用は複数ファイターができないようになっていますので上下左右切り札に囲まれるということはありません

17.対戦ルールのセットをできる

試合を始める前に毎回対戦ルールを設定しなければいけませんでしたが、お気に入りのルールをセットにしてルール設定に時間をかけないようにすることができます。ガチ勢の人は大会準拠のルールをセットしておいてすぐに対戦を始められるように設定しておけて地味ですがかなり便利になりました

18.サドンデスの仕様変更

同時にストック0になった時や撃墜数が同じ時に始まる「サドンデス」が今作から変わります

今作からはサドンデス開始時からだんだんと画面が近づいてくるためバーストラインが狭まってきます。相手に待たれて近づいたところを攻撃されるということは無くなると思われます

19.ゲージ・収納道具の枠等の追加

クラウドのリミットゲージやルフレの魔道書の使用回数寿命が対戦中のキャラクターアイコンの部分で表示されるようになりました!

むらびと等の仕舞うでしまったアイテムを同様に対戦中のキャラクターアイコンの部分で確認できるようになりました!

自キャラでもそうですが該当のキャラの対戦相手もゲージの溜まり具合などを確認できるので自他共に便利になったと思われます

20.バースト時ストック演出

ストック戦の時にファイターがバーストすると残りストックが画面に大きく表示されるようになりました

これは観戦者向けの演出だと思われます!今回からe-sportsとしての演出も視野に入れたのか盛り上がるような演出や観戦者向けの演出を取り入れたように思われます

試合の状況などがわかりやすくなるため良いですね

21.対戦中のレーダーを搭載

対戦時に吹っ飛ばされると自分の居場所がわからなくなったりバーストラインにどのくらいで届くかというのが分からなくなる時があったので今作から画面端にステージ全体とファイターの居場所が示されるレーダーが表示できるようになりました!

このレーダーはルール設定で有無を決められたりレーダーを小さくすることもできるので多人数対戦では表示しないなどお好みで決められます

22.ファイターごとのハンデ機能

ファイターごとにハンデを決まられるようになりました。友達との対戦で友達の使うあのファイターが強すぎるという時にそのファイターにハンデをつけれらるようになります。一人で遊ぶときもCPUの強さに物足りなくなったらハンデをつけるなどの使い方もできます!

オンライン対戦には反映されないのでご安心を!

23.ステージ数が豪華

ファイター数もさることながらステージ数も今作は豪華です。新ステージは少なめですが過去作のステージをグラフィックを向上しながら多くのステージで遊ぶことができるようになっています!

その数なんと103種類、ステージ一巡だけでもたくさん遊べますね!

ステージのグラフィックは大幅に向上していますが、Nintendo64で遊べた初代スマブラ のステージは当時のようなグラフィックを残しているので、初代スマブラをプレイしたことがある人は懐かしい感覚も味わえます!

24.終点化に加えて戦場化も可能、終点化の形を統一

「スマブラforWiiU/3DS」から導入されたステージの終点化ですが、今作は終点化に加え床抜けできる台3つを設置した戦場化もすることができます!これも加えれば300種類以上のステージを楽しむことができます!

また終点化、戦場化はステージごとの違いを無くし全て浮き島型のステージとなります

「スマブラforWiiU/3DS」ではステージ下に壁があるステージがありましたがその壁の有無で復帰能力が左右されるキャラもいたので統一という点ではいいと思います

25.乱闘中のステージ変化

ステージが100種類もあると一巡するのが大変です。対戦ルールにステージ変化というものがありそれを有効にすると対戦開始から一定時間たつとステージが変化するというルールがあります!

ステージ変化有りにするとステージ選択の際に2種類のステージを選択することができるのでその2種類が変化します

26.ステージのギミックOFF

ステージ毎の形の違いによりいろんな戦術を考えるのも楽しめますがギミックが嫌であまり楽しめないという方もいたんじゃないでしょうか?私はそれです!

今作ではステージのギミックをオフにすることができるようになったためギミックが嫌で遊ばなかった通常ステージでの対戦も楽しめます!

27.ステージのオレ曲セレクト

ステージに流れるBGMは同シリーズの一部が選べましたが今作は同シリーズの全曲からステージの曲を選べるようになりました

具体例をあげるとゼルダの伝説シリーズでトゥーンリンクが活躍したゲームをもとにしたステージはトゥーンリンクが出たゲームの音楽のみステージのオレ曲として設定できました。今作からはトゥーンリンクの作品などのきまりなくゼルダの伝説シリーズ全ての曲を設定できるようになります

1ページ目はここまで

1ページ目はここまでとなります

まだ読み足りないという方は是非「新作スマブラSPのすべてがわかる!!「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」がスゴい50のポイントまとめ!!(2ページ目)」をお読みください!

2ページ目からはスマブラSPのアドベンチャーモードの情報や、オンラインでの仕様についてを中心にまとめました!